モノトークス社によるPLCnext Technologyを活用したゲートウェイ

モノトークス株式会社(本社:神奈川県川崎市)は、PLCnext Controlにソフトウエア機能を追加し、新たに「NEXT gateway」という製品名でリリースしました。

「NEXT gateway」はIIoTをもっと活用したい方のためのゲートウェイです。エッジ機械から情報を取り出し、上位システムや機械に情報を伝達します。データの収集をして、改善に活かしたい、経営に活かしたい。でも、どうデータを機械から取り出せばいいかわからない。こんな方に最適なゲートウェイです。

上位のデータサーバーなどに情報をアップするとき、どちらの要望に合わせればいいんだろう? 最適なサーバーのデータは何? など導入時には見えてこない問題点も多くあります。そして運用が開始した後にデータ構造を替えようとしたとき、エッジ機器のプログラムを変更するのは大変な労力がかかります。ネクストゲートウェイはデータサーバーの専任秘書のように、エッジ機器データの情報を整理し、サーバーの望む最適な形でデータをアップします。

実際には、製造業のアプリケーションでは、さまざまな産業用プロトコルが存在しており、「NEXT gateway」は、このようなプロトコルへの対応、及び上位サーバーが受け取りやすいように、「演算・置換・分離」といった機能を持ちます。

製品のより詳細な説明は、モノトークス社の製品・システムページをご覧下さい。また、製品のお問い合わせは本サイトの問合せ先からも可能です。

  • URL Copied!