EPCへのNode-RED dashboardインストールおよび制御データ画面作成

本記事では、Node-RED dashboardのインストールと、そのノードを活用したダッシュボードの作成方法を御紹介します

EPC 1502

注記:

EPC 1522を使用した場合の手順も同様です

Node-RED dashboardのインストール

EdgeCockpitからNode-REDエディタを開き、Node-RED dashboardのインストールを行います

EdgeCockpit  http://{コントローラIPアドレス}/cockpit
STEP
パレット管理画面を開く

画面右上のメニューより、パレット管理画面を開きます

STEP
node-red-dashboardのインストール

node-red-dashboardを追加(インストール)します

STEP
ノード追加時のエラー

エラーが発生した場合は以下を参照してnpm cacheのverifyとアップデートを行い、node-red-dashboardの追加を再度実行して下さい


ダッシュボードの作成

追加されたノードを使用して、ダッシュボードを作成します

STEP
ゲージの作成

node-red-dashboardが有効な場合、画面左部にダッシュボード用のノードが表示されます

今回は、PLC側で管理するポテンショメータの入力値をOPC-UA経由で取得し、ダッシュボードに表示します

OPC-UAデータの取得については過去の記事(エッジコンピューティングデモ:その2 データベース編)を参考にして下さい

STEP
guageノードの挿入

guageノードを追加し、OPC UA clientノードと接続します

Label、Range、Nameに適当な値を設定し、新規にui_groupを追加します

ui_groupの名前を入力し、新規にui_tabを追加します

名前を入力し、ui_tabを追加します

guageノードの編集が完了したら、dashboardを開きます

STEP
確認

デプロイ実行後、画面右上部のプルダウンメニュー(▼)からDashboardを選択します

ダッシュボードを開きます

STEP
チャートの作成

チャート画面を追加します

STEP
chartノードの挿入

chartノードを追加し、OPC UA clientノードと接続します

ラベル、X/Y軸、名前に適当な値を設定します

ゲージ作成の際に作成したグループとタブをそのまま使用します

STEP
確認

デプロイ実行後、ダッシュボードを開きます

テーマの選択で、配色を変更する事も出来ます

以上です

  • URL Copied!