EPC 1522をNode-REDでAWSに接続 その2

EPC 1522をNode-REDでAWSに接続 その1」の続きです。

今回は、トピックのサブスクライブ(AWS側への送信)処理の実装とその確認を行います。

EPC 1522

注記:

この作業もインターネットへの接続が必要です。今回も弊社IoT/M2MルータEW50を使用してAWSに接続しています。

EPC 1502を使用した場合の手順も同様です。

AXC FシリーズにNode-REDをインストールする事で同様の動作が可能です。

 

EdgeCockpitからNode-REDエディタを開きます。

EdgeCockpit  http://{コントローラIPアドレス}/cockpit
STEP
ノードの挿入

「inject」「function」「mqtt out」ノードを挿入します

STEP
デバッグ用コードの記述

フローに挿入した「ファンクション」ノードに、AWSテストクライアント表示用のコードを記述します

STEP
mqtt outノードの設定

mqtt out ノードをダブルクリックし、サーバには以前作成したものを選択

トピックもセットします

STEP
トピックのサブスクライブ

AWS IoTコンソールの「テスト」タブを選択し、サブスクライブするトピックのフィルターをセットします

サブスクライブを行います

テストクライアント画面下部でEPCから送られたデータを確認出来ます

メッセージが表示されない場合は、injectノードのパラメータを調整してみて下さい

以上です。

  • URL Copied!