EPC 1522をNode-REDでAWSに接続 その1

EPC 1522をAWSに接続する手順です。

今回は、AWSとの接続からトピックのパブリッシュまでの作業を行います。

EPC 1522

注記:

インターネットへの接続が必要です。今回は弊社IoT/M2MルータEW50を使用してEPC 1522とAWSを接続しています。

EPC 1502を使用した場合の手順も同様です。

AXC FシリーズにNode-REDをインストールする事で同様の動作が可能です。

 

PCからAWSにログインし、 IoT Core管理画面を開きます

STEP
「モノ」の作成(登録)

単一のモノを作成します

名前を付け、次に進みます

STEP
証明書の作成と取得

証明書を作成します

作成した証明書を取得(ダウンロード)します

今回必要なファイルは、「このモノの証明書」「プライベートキー」及び「ルートCA」です

STEP
ポリシーの作成とアタッチ

ポリシーを作成します

名前を入力しアクションに「iot:*リソースARNに「*」をセットし作成します

モノの管理画面に戻り、先程作成したモノを選択します

右側画面の「セキュリティ」タブを選択し、証明書を選択します

「ポリシー」タブを選択し、右側「アクション」メニューから「ポリシーのアタッチ」を選択します

先程作成したポリシーを選択し、アタッチします

ここでAWSコンソール側での作業は一旦終了し、EdgeCockpitからNode-REDエディタを開きます。

EdgeCockpit  http://{コントローラIPアドレス}/cockpit
STEP
ノードの挿入

「mqtt in」「function」「debug」ノードを挿入します

「function」「 debug」ノードは動作確認時に使用します
STEP
mqtt in ノードの設定

mqtt in ノードをダブルクリックし、新規にmqtt-broker を追加します

まずは、新規にtls-configを追加します

先程AWSからダウンロードした証明書ファイルとTLS設定の名前をセットします

追加後、サーバの名前、サーバ、ポート、クライアント情報をセットします

サーバに入力する情報は、AWSの「モノ」の管理画面内「相互作用」タブを選択して取得します

トピックとQoSをセットし、編集を完了します

STEP
デプロイ

フローのデプロイを実行すると動作が開始され、フロー上で接続状態が確認出来ます

切断(赤)
接続中(黄)
接続済(緑)

動作確認(トピックのパブリッシュ)を行います。

STEP
デバッグ用コードの記述

フローに挿入した「ファンクション」ノードに、デバッグウィンドウ表示用のコードを記述します

STEP
トピックのパブリッシュ

AWS IoTコンソールの「テスト」タブを選択し、トピックのパブリッシュを行います

トピック名は、先程mqtt inノードの編集で入力した値を使用します

実行すると、Node-REDのデバッグ情報にパブリッシュされたメッセージが表示されます

今回はAWSとの接続から、トピックのパブリッシュとその確認までを行いました。

次回は、トピックへのサブスクライブ(AWSへの送信)を行います。

  • URL Copied!