AXC F 2152でNode-RED:その2 ダッシュボード編

AXC F 2152でのNode-RED活用第2回

AXC F 2152の制御データを可視化する一つの方法として、Node-REDのダッシュボード機能の活用について紹介します

Node-RED環境導入については前の記事(AXC F 2152でNode-RED:その1 インストール編)を参照して下さい

使用機材

コントローラ:AXC F 2152 – 2404267

プログラム/コンフィギュレーションメモリ:SD FLASH 8GB PLCNEXT MEMORY – 1061701

モジュールキャリア:AXL F BP SE4 1088135

I/Oモジュール:AXL SE DO16/1 1088129

I/Oモジュール:AXL SE DI16/1 1088127

I/Oモジュール:AXL SE AI4 U 0-10 1088104

I/Oモジュール:AXL SE SC 1167159

ポテンショメータ(0-10V)

コントローラおよびI/OはPLCNEXT TECHNOLOGY STARTERKIT – 1188165相当の構成で、画面右側のポテンショメータをI/Oモジュール:AXL SE AI4 U 0-10に接続しています

今回使用しているPLCnext Enginnerのバージョンは2021.0.4 LTS

AXC F 2152のファームウェアバージョンは2021.0.5 LTSです

Node-REDでダッシュボードを作成し、右端緑色のポテンショメータからの入力値を可視化します

PLCプロジェクトの準備

STEP
PLCプロジェクトの入手

PLCnext Storeより、PLCnext Technology Starterkit用プロジェクトのインストールパッケージをダウンロードします

ダウンロード終了時にこのような表示が出た場合は

右側のメニュー(・・・)から「保存」を選択します

Microsoft Defenderからの警告が出た場合は「詳細表示」をクリックし

「保持する」を選択して下さい

ダウンロードが完了しファイルが保存されます

STEP
PLCプロジェクトのインストール

ダウンロードしたインストーラを実行します

このような警告が出た場合は「詳細情報」をクリックし

インストールを続行して下さい

インストールが完了すると、プロジェクトファイルがPCに展開されます

PLCプロジェクトの編集

STEP
プロジェクトのオープン

PLCnext Engineerでプロジェクトを開きます

STEP
OPC-UAの設定

Node-RED側との制御データの受け渡しにはOPC-UAを使用します

OPC-UAの設定を有効にし、対象とする変数(IN_AI_01)のOPC欄をチェックします

編集後、コントローラにプロジェクトを書き込みます

ダッシュボードの作成

ノードの追加、編集、ダッシュボード作成の詳細は過去の記事(EPCへのNode-RED dashboardインストールおよび制御データ画面作成)、OPC-UAデータの取得については別の記事(エッジコンピューティングデモ:その2 データベース編)で紹介しています、必要に応じて御参照下さい

STEP
OPU-UA用ノードの追加

node-red contrib-opcuaを追加します

STEP
ダッシュボード用ノードの追加

node-red-dashboardを追加します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0331nodeInstall.jpg
STEP
入力値(OPC-UAアクセスポイント)の設定

UaExpert等のツールを利用してパラメータを取得し、セットします

STEP
OPC UA Clientノードの追加と編集
STEP
ゲージ・チャートノードの追加と編集

今回、X軸は時間ではなくポイントで表示させています

STEP
確認

ダッシュボードを開き確認します

追記

今回はPLCnext StoreからPLCNEXT TECHNOLOGY STARTERKITのプロジェクトをダウンロードして使用しました

スターターキットのハードウェアを使用する場合、アナログ入力はダイヤルではなくスライダーなのでダッシュボードに配置する部品はメーターのような「ゲージ」より以下のような「スライダー」の方が良いかもしれません

  • URL Copied!