Proficloud.ioで装置可視化:② ダッシュボード


Proficloud.io」は、フエニックス・コンタクトが提供するクラウドサービスです

本記事「Proficloud.ioで装置可視化」ではAXC F 2151をProficloud.ioに接続し、装置データの可視化を実現します

今回は、前回の記事で紹介したProficloud.ioへの機器登録が済んでいる事を前提とし、Time Series Data Serviceのダッシュボードを用いたクラウドサービスによる装置データの可視化を行います

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0000Proficloud.io_-640x373.jpg

使用環境、機材、注意点は前回の記事「Proficloud.ioで装置可視化:機器登録」と同様です。

プロジェクト側の編集

PLCnext Engineerのプロジェクト側で、可視化の対象とするデータへの設定を行います

STEP
プロジェクトの準備

PLCnext Storeより、PLCnext Technology Starterkit用プロジェクトのインストールパッケージをダウンロードします

詳細は、過去の記事「AXC F 2152でNode-RED:その2 ダッシュボード編」内「PLCプロジェクトの準備」部分を御参照下さい

STEP
プロジェクトの設定

PLCnext Engineerで、PLCnext Technology Starterkit用プロジェクトを開きます

PLCnext_Technology_Starterkit_3.pcwex

対象となる変数の型(Usage)を「OUT Port」とし、Proficloudの欄にチェックを入れます

プロジェクトをコントローラにダウンロードします

Proficloud.io側の設定

Proficloud.io側でも、可視化の対象とするデータの設定を行います

ここから先は、インターネットへの接続が必要です。

STEP
コントローラの選択

Proficloud.ioにログインし、Device Management Serviceから対象となるコントローラを選択します

Serviceを選択し、ASSIGN METRICを開始します

項目にチェックを入れ、ASSIGN METRICを実行します

STEP
コンソールの表示

対象となるコントローラを選択し、GO TO TIME SERIES DATAボタンをクリックします

コンソールが表示されます

グラフにマウスカーソルを当てると、該当したデータを確認する事が出来ます

Time Series Data Serviceのダッシュボード上でも、機器のステータスを確認出来ます

このように、対象となるデータを選択するだけで、クラウドサービスによる装置データの可視化が実現します

  • URL Copied!