リアルタイムオペレーション(環境にやさしい鉄道線路の雑草除去)

鉄道線路での問題の一つに、線路盤に生える雑草の問題があります。根を強く張るため、一部の雑草が非常に大きく成長して線路盤が不安定になることがあり、安全性が損なわれてしまいます。このため、列車の運行を安全に行うためには、定期的に線路上の雑草を除去する必要があります。現在、スイス連邦鉄道(SBB)では、この不要な成長を抑えるために、グリホサートなどの化学除草剤を年間約2.5トン使用しています。しかし、近年の持続可能性に沿った課題解決方法として、デジタル化による解決法の期待がますます高まっています。目標は、除草を自動化そしてデジタル化することで、化学薬品を使わずに済むようにすることです。

フェニックス・コンタクトは、PLCnext Technologyを使用して、SBBのチームと共同で、将来的にグリホサートの使用をなくすことを可能にするアプリケーションを開発しました。

リアルタイムオペレーション(環境にやさしい鉄道線路の雑草除去)の続きは、こちらからダウンロード

出展元: PLCnext Community の投稿記事へ

  • URL Copied!