PLCnext Engineer Simulator セットアップ

PLCnext Engineer では、Version 2022 からシミュレーション機能がサポートされました。シミュレーション機能とは、PLCnext コントローラ本体が無くても PLCnext Engineer 上(PC 上)でプログラムを実行できる機能です。
PLCnext コントローラを購入する前に、動作確認やプログラミングの感覚などを確認してみたいという方は、ぜひこちらのシミュレーション機能をお試しください。

セットアップ手順

  1. PLCnext Engineer/Simulator のダウンロード
  2. PLCnext Engineer/Simulator のインストール
  3. PLCnext Engineer/Simulator の起動
手順
PLCnext Engineer/Simulator のダウンロード

PLCnext Engineer/Simulator を Phoenix Contact ホームページからダウンロードします。

STEP
PLCnext Engineer/Simulator のインストール

ダウンロードしたファイルをインストールします。
まず、PLCnext Engineer をインストールします。

次に、AXC F 1152 simulator をインストールします。

STEP
PLCnext Engineer/Simulator の起動

PLCnext Engineer/Simulator を起動し、動作確認をします。

※無料ではコントローラがAXC F 1152、FWが2022.0以降のみシミュレーション可能です。使用するファンクション/ファンクションブロックなどの互換性が問題なければプロジェクトのコントローラタイプをAXC F 1152 FW 2022.0以降に変換してシミュレーション可能です。他のコントローラのプロジェクトのAXC F 1152へのプロジェクト変換方法は、プロジェクトのコントローラ変更方法をご覧ください。

  • URL Copied!