極寒地の風力発電制御

現在、気候変動に直面している中で、風力エネルギーのような再生可能エネルギーが鍵を握っています。2019年だけでも約400台のタービンが世界中の寒冷地に建設されました。この過酷な環境と要求の厳しい分野では、特別な要件が要求されます。風力発電所のためには、タービンの可用性が不可欠です。ブレードに氷が付着すると、多くの乱流や負荷が発生し、タービンは直ちに停止しなければなりません。弊社の3~8個の氷検知センサーで氷を検知した結果は、ケーブルなしに無線で制御システムに送信されます。PLCnextテクノロジー搭載のコントローラPLCnext Controlでブレードヒーティングシステムを起動するなどの判断を行います。

出展元:PLCnext 公式インスタグラム(@plcnext)投稿記事

  • URL Copied!