Linux ログイン方法

PLCnext Control の Linux は GUI をサポートしていないため、Linux を操作するには、
外部 PC から Linux にログインし、コマンドライン上で操作する必要があります。
ここでは、Linux へのログイン手順を Windows PC 版と Linux PC 版の2つ紹介します。

Windows PC 版

STEP
SSH クライアントの用意

Linux のログインは、SSH 経由で行われます。
そのため、PC 上に SSH クライアントを用意します。
ここでは、例として Putty を使用します。
* その他のSSH クライアント(Tera Term や Windows コマンドプロンプトなど)
からもアクセス可能です。

STEP
SSH クライアントの設定

Putty を起動すると設定画面が表示されます。

➀ 接続の種類で「SSH」を選択します。

② 接続先として PLCnext Control の IP アドレスを指定します。

③ 上記設定が完了したら、接続を開始します。

STEP
ログイン認証

PLCnext Control にアクセス成功すると、ログイン認証画面となります。

➀ ログイン名を “admin” とします。ログイン名入力後、Enter キーを押し、パスワード入力へ進みます。

② パスワードを入力します。パスワードは、PLCnext Control 本体に印字されています。パスワード入力後、Enter キーを押します。
*注: 入力した文字は表示されません。

STEP
ログイン成功

ログインに成功すると画面上にプロンプトが表示されます。

Linux PC 版

STEP
Linux ターミナル起動

Linux のターミナルを起動します。

STEP
ssh コマンド実行

ssh アクセスを開始するため、以下のように sshコマンドを入力し Enter キーを押します。
 ssh admin@192.168.1.10
 * @の後ろには、PLCnext Control の
  IP アドレスを設定します。

STEP
初回アクセス時の対応

初めてアクセスする PLCnext Control の場合、右のような内容が表示されます。
ここで、yes を入力し、Enter キーを押します。

STEP
パスワード入力

PLCnext Control へのアクセスに成功すると、パスワード入力を求められます。パスワードは、PLCnext Control 本体に印字されています。パスワード入力後、Enter キーを押します。
*注: 入力した文字は表示されません。

STEP
ログイン成功

ログインに成功すると画面上にプロンプトが表示されます。

  • URL Copied!